山口の冬支度!!

 久しぶりの更新です。どーやら年末の30日から31日にかけて降雪アリ!との予報がなされたので、本日、遅ればせながらようやくスタッドレスへの履き替えを行いました。



 といっても、今年の冬支度のメインは、このスタッドレスへの履き替えではアリマセン!!



 昨年…というより以前から積雪がある度にずっと欲しいと切望していたブツをようやく今年ゲットしたのです



画像



 
 そうです。スノーワイパーです



 我がサファリは寒冷地仕様ではないため、積雪があるとドアミラーが雪まみれになったり、ソコへ確かに存在するもののナゼが一向に温風の出ないリヤ用ヒーターダクト!!が装備してあったり、ナニかと冬になると不便な点が目立ちます


 別に寒冷地ではない山口でも降雪があればドアミラーは雪まみれになるし、別にリヤヒーターなどという大層な装備は必要ありませんが、ダクトがあるんだからせめてフロントヒーターからわずかでもリヤシートへ温風を回して欲しいトコロですが、まぁ、この辺はまだガマンができます(笑)。


 逆にどうしてもガマンできなかったのが、ワイパーです。昨年のスノーアタックの際も必要性を痛感し、先日、ネット通販で購入しました。山口のカー用品店では売ってないんですよねコレ…。


 通常の雨用ワイパーでスノーアタックをすると、外気の寒さでワイパーの柔軟性がなくなり、うまく窓の水滴を除去できなくなるんです。
 …って、除去できなくなったら運転に支障をきたすので、私の場合、フロントデフロスターを常に全開にして、なんとかワイパーの柔軟性を確保していましたが、常に全開にするだけあって、さすがに車内は激アツ状態に…
 ワイパーの機能に支障はきたさなくても、ドライバーの運転には支障をきたします(爆)。


 寒冷地仕様に設定のあるワイパーデアイサーを併用すれば、多少なりとも車内の温度は正常に保たれるんでしょうが、当のワイパーデアイサーも消費電力が激しいので多用は禁物…。さすがの寒冷地仕様でもスノーワイパーへの交換は必須かもしれませんね…。



 
 というワケで、細かいコトをつれづれと申し上げましたが、すべては快適な車内温度でスノーアタックを決行するための準備です!!
 
 \( ̄~ ̄)








 ちなみにサファリに標準装備されている雨用ワイパーのサイズは、「整備要領書」によれば

     フロント用左側  500ミリ
     フロント用右側  475ミリ
     リヤ用       350ミリ   となっています。


 


 スノーワイパーを装着する際は、ワンサイズ小さめを選択するのが定石のようで、サファリのオプションカタログのウインターブレード(スノーワイパー)の欄にも

     フロント用左側  475ミリ
     フロント用右側  450ミリ
     リヤ用       340ミリ   と記載されています。





 というワケでコレを参考にフロント用のみスノーワイパーを購入しました。ちなみにリヤ用は昨年のスノーアタックの際、雨用ワイパーでもしっかりと機能を確保するコトができたのでこの度は購入しませんでした。



画像




 購入したのはPIAA製のものです。

 ワイパーといえばこの他にNWB製のものやBOSH製のものをカー用品店でよく目にします。





 開封後の中身です。



画像



    
 雨用ワイパーに比べゴムは氷点下でも柔軟性を失いにくいものを使用し(ているようです)、ブレードの骨格部分は薄いゴムカバーで覆われています。



 
画像




 ワイパーの端部分をよく見ると、雨用と同じくゴム交換ができるようになっており、ゴムが脱落しないようキャップが取り付けられています。






 で、購入したら装着した画像UP~!!がブログのお決まり(?)ですが、雪が降ってない内に雨用と比べてワンサイズ小さめとなるスノーワイパーを装着するのもアレなんで、装着は雪が降るまで先延ばしです(爆)。




 とりあえず、いつ積雪があってもよいように、ラゲッジへスノーワイパーを忍ばせて、年末に雪が降るコトを楽しみにしとこぉ~っと

 (*^~^*)









"山口の冬支度!!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント