時間ですよ!

 最近、音楽DVDをCD感覚で聴いている私ですが、そうなると困る問題が一つ…。



画像




 サファリには元々時計が装備されていないので、時計表示はオーディオ機器に頼らざるを得ない状況なのですが、ウラを返せばオーディオ機器に時計が表示されなければ時間が分からないのです



 ナビでCDやHDDに取り込んだ音楽を再生している時はナビの画面上に時計が表示されているので問題ないのですが、ナビでDVDやTVを再生…いわゆる映像を流すと、ナビの画面上から時計表示が消えてしまうというワケです。








 と、少々おおげさに言いましたが、例えナビで映像を流していても、実際には画面をポンと指タッチすれば、下の画像のように時計は表示されます。



画像




 まぁ、私もそんなにしょっちゅう時間に追われて生きているワケではありませんので、じゃぁ必要な時に指タッチして時計を見ればイイじゃん!!と指導的ツッコミを入れられそうですが、人間とは恐ろしいモノで、時間を知りたい!という一つの欲求に対して、

 ①左手でナビ画面を指タッチ

 ②画面左下に表示された時計を確認 

 という、2つのアクションを起こすのがメンドくさい!と感じてしまうのです(笑)。






 

 そこで、後付けタイプの時計の登場ですよ



画像




 上の画像の時計、現在はカタログオチしちゃってるんですが、それもそのハズ!購入したのはナント今から3年以上前!!


 時計が欲しい!と勢いで購入したものの、あぁ、時計を装着すると見た目がいかにも時計付けました!的にゴチャゴチャし、スマートじゃないなぁ…。と悩んだり、取り付けるモチベーションが下がったりで、最近ようやく日の目を見る事に(笑)。



 昔、誰かがオシャレとはガマンすることだ!と言っていたような気がいたしますが、見た目ゴチャゴチャするのがイヤなら、ガマンして指タッチをすればイイんですね(笑)。

 
 若いうちは粋がってオシャレをするモンですが、見た目より実を重視するようになった私はそれだけ歳を取ったという事でしょうか?(笑)










 時計を付ける位置ですが、オーソドックス(?)に下の図の赤矢印の部分…メーターパネルの手前部分へ取り付ける事にしました。



画像




 購入した時計は、液晶パネルを常時発光させるためシガーソケットから電源を取るタイプなのですが、この配線をスッキリさせたいなと思い、同時に用意したのがコチラです。



画像




 電源をヒューズから取るタイプの増設ソケットです。
 

 コレならばダッシュパネル内へ配線を隠す事ができます。






 ヒューズボックスはダッシュパネル運転席側にあります。



画像




 ヒューズボックスのフタを開けると、ヒューズが並んでいます。



画像




 増設ソケットの取扱い説明書によると、電源はエンジンキーがACCの位置で通電を確保できるアクセサリー用のヒューズから取るようにと指示されてあるので、今回は、シガーライターのヒューズから電源を取ることにしました。
 どれがどのヒューズなのか?については、ヒューズボックスのフタの裏面にその旨を示す図が描いてあるので、コレを見て確認します。



画像




 真ん中のシガライター(15A)と書いてあるのがそれで、エンジンキーがACCの位置で通電する旨が示してあります。






 取り付けですが、シガーライターのヒューズを抜き、増設ソケット本体から出ているプラグを代わりに差し込みます。



画像




 抜いたヒューズですが、先程のプラグと増設ソケット本体の間にヒューズ機能を確保するためのソケットが設けてあるので、ココへ差し込みます。



画像




 アト、忘れてはならないのがアースです。増設ソケット本体から出ているアース線をきちんとアースの取れるネジ部分へ接続します。


 今回は、エンジンフードオープナーのブラケット部分にちょうどよいネジがあったので、ココへ接続しました。



 
画像



 
 ココまでの配線に問題がなければ、エンジンキーがACCの位置で増設ソケットへ通電が確保されます。



 
画像




 時計本体からの電源プラグは、目立たないようにステアリングコラム横の隙間を通して、外から見えないようにダッシュパネル内で増設ソケットへと接続します。



 
画像








 



 と、ココまでくれば、アトは時計本体をセットして完了~のハズなんですが、問題発生

 夜間に時計のバックライトが明るすぎて、非常に気になります



 


 なので解決策として、スモークフィルムを時計の液晶面へ貼る事にしました。



 あまり濃い色のスモークフィルムを貼ると、今度は昼間の視認性が落ちるので、薄い色のスモークフィルムを貼り付けます。


 ちょうど良い濃さのスモークフィルムがないものかと探した結果、今回は、携帯電話の液晶パネル保護フィルムを用いる事にしました。



 
画像




 それにしても、やけに古い商品です。田舎のホームセンターでは、時としてこういう出会いがあるものです(笑)。



 で、このフィルムを時計のサイズに合わせてカットします。寸法は現物合わせをして爪でアトを付けました(笑)。フィルムの色の濃さについては、こんな感じです。



画像




 フィルムを貼り付け後、夜間バックライトの確認をしてみたところちょうど良い明るさでした














 というワケで、全ての作業を終了し、取り付け後の画像です。



 
画像



 運転席からの視認性はこんな感じです。


 ステアリングを切ると見えませんが、永遠と続く緩い右カーブ(!)でなければ特に問題はないかと(笑)。


 
画像




 助手席側からもよく時計が見えます。


 後ろの席からは全く見えませんが、そんな事はお構いなしです(笑)。






 この位置への取り付けであれば、バックライトの明かりが夜間フロントウィンドウへ映り込む事もありません。














 と、いうワケで実際、時計を付けてみた感想ですが、指タッチをしなくても時間の確認ができるのと時計自体の表示が大きく視認性がよいので、付けてみて良かったなぁと感じました。




 あぁ、こんな事ならもっと早く装着すればよかった(笑)


 

この記事へのコメント

B.K
2008年05月08日 09:19
久しぶりの更新ですね~!(喜)
保護フィルムで輝度調節のワザ、頂戴致します(笑)!
2008年05月08日 22:27
記事更新、待っていましたよ。
さすがDIY派のneruchanさん、今回も楽しく読ませていただきました(^^ゞ
2008年05月08日 23:35
B.Kさんへ
ようやく更新できました!
あまり更新しないと忘れ去られそうですね(笑)。
アト付けの商品も純正の照明みたいに夜間減光してくれればイイんですけど
^^
2008年05月08日 23:45
nakajinさんへ
記事同様、久しぶりのDIYでした。
サファリは長~く乗るつもりなので、DIYも含めていろんな方面からサファリライフを楽しんでいきたいと思います♪
サファリン
2008年05月09日 19:58
配線処理は気になりますよね(笑)
出来るだけ目立たぬようあれこれ考えます。
まぁ私のはイマドキアリエナイCDとカセットテープのハイブリッド純正カーステですから無問題ですけど(爆)
2008年05月09日 22:39
おお!久々の更新ですね!
大概SHOPオマカセなワタシには、毎度頭が下がる思いです(爆) それにしてもいつも美しい車内ですね。見習わねば(笑)
2008年05月10日 00:32
サファリンさんへ
えぇ、見た目スッキリさせようと思うとアレコレ考えてしまいます(笑)。
サファリンさんは純正デッキなんですね。
天井スピーカーから察するに変えてらっしゃるのかと思ってました。
2008年05月10日 00:47
pielleさんへ
例のツインモニター化は傑作ですね♪
私のDIYはお手軽なので…^^ゞ
う~ん、家庭を持つと車内も変わるかもですね(笑)。
くみちょ
2008年05月11日 20:55
ヒューズからとるシガ電線キットがあるんですね!
同じDIY派としてワタシはコレに激しく反応してしまいました!(笑)。
ちょっと応用できそうですね。
我がサファリの純正丸時計はサボり気味です。
思い出したように点灯したと思ったら、リオデジャネイロの時間を示したりしております。



2008年05月12日 22:45
くみちょさんへ
くみちょさんの場合はDIYとゆーより生産に近いですよね(笑)。
純正時計は見た目スッキリしてイイですね~♪
リオデジャネイロは困りますけど(笑)

以前、知人のスカイラインに乗せてもらったところ、タコメーターに「12」の数字が!
おぉ、この車12,000rpm/hまで回るんかいっ!!とビックリしましたが、よく見たらアナログ時計の「12」の表示でした(笑)
何てゆーか、スピードメータの隣にデカデカとアナログ時計を配置する日産のセンスに脱帽です(笑)。

この記事へのトラックバック