ふと気になった…

 サファリのタイヤ周りというか、バンパー周りを見ていつも思うのが、コレなら少々段差に乗り上げても下周りを擦るコトないなぁ~という感想です。



画像




 サファリで幅の狭い道を通る際、例え対向車が来ても段差のある路外へ余裕で逸脱し(爆)、易々と離合場所を確保するなど、普通の車高の車だったらバンパー擦っちゃうよねぇ~っていう地形でもワリと難なく離合できるので、案外狭い道でも敵なし!!だったりします(笑)。



 上の画像を見ていただいて分かるように、大抵の障害物や段差がまず初めにブチ当たるのは大きなタイヤなのです。



 リヤ周りも同様に、下回りはスッキリとしており、少々の段差でも問題なく通過してくれます。



画像










 例え大きな石などの障害物があっても車体にヒットさせることなく、乗り越えるコトのできるロードクリアランスは、道なき道を進む四駆には必要不可欠なオフロード性能であり、このロードクリアランスは通称スリーアングルと呼ばれる角度で表され、一般的にはこの角度が大きいほど、凸凹が大きい悪路でも余裕でクリアできるとされています。





 もちろんサファリについてもカタログ等でこのスリーアングルについての紹介がなされています(いました…)が、その名のとおり、それぞれ3つの角度を表しています。




画像




 図で確認すると、

  フロントバンパー周りをヒットさせにくい角度として

   A:アプローチアングル


  次にリヤバンパー周りをヒットさせにくい角度として

   B:デパーチャーアングル


  最後に乗り越えた障害物により腹下をヒットさせにくい角度として

   C:ランプブレークオーバーアングル


 の3つです。





 ノーマルのサファリのスリーアングルについては、Y61シリーズ(ロングモデル)を通じて、


   A:アプローチアングル 37°

   B:デパーチャーアングル 31°

   C:ランプブレークオーバーアングル 27°


 となっており、5ドアのロングモデルとしては、他の車種と比べても優秀な数値だといえます。




 もちろん実際にオフロードを走った際の下回りのヒットしにくさは、この他にも最低地上高やサスペンションのストローク、オーバーハングの値などが影響してきますので、この静的な数値のみでオフロード性能を判断する事はできませんが、それでもカタログなどを片手にオフロード談義に華を咲かせる際は、大いに話のネタになります。





 まぁ、この記事自体がすでにそーなんですが…(笑)。

 ( ̄∀ ̄;)ゞ











 で、話をタイトルに戻しまして、ふと気になった…というのが、そのスリーアングルについて、ジオラマサスによってフロントで4センチ、リヤで6センチアップした我がサファリの場合、ノーマル時に比べてどうスリーアングルが変化したのか??ってコトだったんです。




 なので、早速各アングルの角度を測ってみました!!


 ただし、測るといっても図測です…。





 まずアプローチアングルから!!

画像


 ノーマル時から3°アップの40°です。




 続いてデパーチャーアングル!!

画像


 こちらもノーマル時から3°アップの34°です。




 最後にランプブレークオーバーアングルです!!

画像


 結果はノーマル時から6°アップの33°でした。



 

 って、以外に変化ナイかなぁ…。

  ( ̄~ ̄;)







 同じくジオラマを装着し+33インチタイヤを履くGranite Blueさんや、グレース+ウィンチバーで武装するこぼさん、6インチUP+35インチタイヤを履くpielleさん、日頃の精進によりシェイプアップ及びスリーアングルそのものが「そんなの関係ねぇ~!!」となっていそうなくみちょさんあたりだと、更に良好なスリーアングルとなっていそうです(笑)。



 





 




 

 

この記事へのコメント

2007年11月20日 21:05
大径タイヤ履かせれば更に有利になりますね。
デフ玉の位置も上がるのでジャンジャン行けそうです。

狭い道路を路肩乗り上げはやりますね。
また、駐車場での輪止め乗り越えての良い位置駐車もやりませんか?
あれこそクロカン四駆の特権ですね(笑)

2007年11月21日 00:38
サファリンさんへ
お久しぶりです!!
リフトアップした我がサファリだと、純正サイズのタイヤが貧弱に見えてしまうので、次回は32もしくは33インチタイヤが欲しいところです。
駐車場の輪止め自体を乗り越えたことはありませんが、似たような感じで、正規の出入り口以外から段差を越えて進入→前人未到のナイス空間に駐車成功!!という経験はあります(笑)。
B.K
2007年11月21日 09:13
「ヒッチブラケット付けてるから相当悪い数値だろうな~」
と、自分のクルマを真横から覗いてみました。
先にマフラーが干渉する事に気づきました・。。。
ダメじゃん!
くみちょ
2007年11月21日 20:12
クルマは大切に扱いましょう(笑)。
って、説得力がありませんね。
まじめに答えればオフで効くのはランプブレークアングルです。
アプローチアングルはそれ以上であれば物理的に前進できませんし、目の前なのでとても解りやすいです。
デパーチャは岩以外ならゴリンゴリンと擦りながらでも走っていきますから、剛の者なればまああまり気にならない(?)かも知れません(笑)。
ランプブレークだけは小山等に乗り上げて初めて解るモノで、動けなかった時のショックも相当でかいです。
「え!こんなんでカメなのかよ!?」(笑)。
ホイルベースが長いサファリの弱点でもあります。

2007年11月22日 23:18
B.Kさんへ
SUSマフラー、デカイっすもんね~。
デパーチャーの件はともかく、快音を響かせながらトレーラーを引っ張るB.Kさん号は迫力あってカッコイイんだろうなぁ~♪
2007年11月22日 23:22
くみちょさんへ
>「え!こんなんでカメなのかよ!?」
ってトコロがやはりツワモノの台詞ですね~!!
サイドシルを第5の足にするぐらいだから問題ないのかな?と思っていましたが、やはり泣き所なんですね…。
2007年11月24日 12:41
ずいぶんタイヤハウスに余裕がありそうじゃないですか!これは早急に33外径が必要かと思われますが!(笑)
2007年11月25日 00:21
pielleさんへ
う~ん、やっぱり33外径っすかね?(笑)
ただ33だと、ほとんどの銘柄で極数ミリフェンダーからハミ出してしまう恐れが…。それが悩みの種でして…。
2007年11月25日 11:41
いっそフェンダーを社外のデカイのに交換はいかがですか?車幅が広がるとゴツく見えてイイですよ~。またはお手軽なラバフェンってのもあるじゃあないですか!ワタシは本当はアメリカみたいに「ハミタイ」なんて関係ねぇ~っといきたいんですがね(笑)
2007年11月26日 02:32
pielleさんへ
デカフェンダー装着!!…もはや33外径では満足できない状況になっちゃいそうですね(笑)。
pielleさんのサファリを拝見してラバフェンに興味深々なんですが、ラバフェンってやっぱり構造変更の対象になるんでしょうか??
オーバーフェンダー類に該当しないフェンダーモール(車幅+2cm未満)というモノもあるようなんですが、実はそちらにも興味深々な今日この頃です。
Granite Blue
2007年12月28日 17:59
neruchanさん、ご無沙汰しております。
私も2年ぶり(昨年はBSのDueler AT 694で乗り切ってしまいました)にスタッドレスに履き替えました。スタッドレスは純正ホイールに純正サイズで組んであるので、当たり前ですが、タイヤサイズ、ホイールオフセットも純正になります。
交換後は、出だしもよくなるし、ハンドリングはスムーズで、直進性も良好、やはり純正はいいですね!もっとも、夏タイヤはデメリットを認識してのサイズアップですからよいとして、neruchanさんもご自分の使用目的を考えて、サイズ変更されることをお勧めしますよ!
2007年12月30日 18:04
Granite Blueさんへ
お久しぶりです!!
外径UPは経験したコトがないので、経験者のアドバイスはホント為になります。
私の場合、「見た目or日常ユースでのメリット」が選択の焦点になるんですが、外径UPの経験がないので若いうちに一度は勢いで経験しておきたいトコロです(笑)。
四駆用タイヤは寿命が長いので、一度購入すると付き合いが長いだけに、よく吟味して決めたいと思います。
まぁ、四駆用タイヤとしては寿命が短いグラントレックAT2あたりで試し履きをしてみるのも良いかなぁ~なんて考えています(笑)。
Granite Blue
2007年12月31日 00:19
見た目でしたら、やはりサイズアップしかないでしょう!特にサファリクラスは33"外径がしっくり来るような気がしますね。neruchanさんの中期型であれば、Dioramaで315/75R16も装着可能な気もしますが、やはりバランスで285/75R16ですかね。ツウなところでは、255/85R16あたりにすれば、オーバーフェンダ問題も解消です。(AT2ではサイズがないかも)
ただ、日常でのデメリットは出てきます。私が痛感したのはReverse時で、もともとサファリはRギア比がハイギアードなので、勾配がキツイとアクセルをかなり踏まないと動きません。前車RD28ETiの時は、低速トルクが小さいエンジンの上、にストールトルク比が大きいATでしたので4Lにシフトしないとあがれない状況もありました・・・(情けない)
Granite Blue
2007年12月31日 00:21
ちなみにタイヤですが、既にお伝えしているとおり、昨年、AT694を購入して1年、2万kmを走行しましたが、まだ8分山はあります。エア圧2.7kgf/c㎡で使用していますが、693に比べると偏磨耗がほとんど見られないのが大きな進歩です。非常にバランスがいいと感じます。ただ、パターンノイズは693と比べると若干大きいですね(特に高速)。
2007年12月31日 04:11
Granite Blueさんへ
見た目重視への後押しコメントありがとうございます!!(笑)
経験は宝ですので、早いトコ履いてみたいと思います。
255/85R16といえば、以前、日産のサファリブログで同サイズのジオM/TⅡを履かれたサファリの紹介がありましたが、マッチングが良くてコレもイイなぁ~と思いました。
それにしてもサファリのReギヤですが、純正サイズを履く私も同様の印象を受けました。勾配のキツイ所で転回しようとすると、後進ではアクセルをワイドオープンしないと登ってくれません。
一般的な車だとReギヤが最もローギヤードなのに、サファリの場合、1速の方がローギヤードなんですよね。
なるほど納得のデメリットです!
2007年12月31日 04:29
Granite Blueさんへ
タイヤインプレありがとうございます!
AT694とは長い付き合いができそうですね~。
BSって購入時の出費はありますが、溝は減らないしグリップは長期間安定してるしで長時間楽しめ、トータルでみると出費の少ないのかな?って経験的に感じてます。
フェンダー問題ですが、デューンは否定的ですが調整式ラテラルが手っ取り早いかな…とも考えています。もっともそれで285/75R16がフェンダー内に収まるかどうか定かではないんですが…(悩)

この記事へのトラックバック