一路、八代へ!!

 久々のお出かけネタです。この度は、花火マニアのトモダチに熊本県八代市で行われた第20回記念八代花火競技大会へ連れて行ってもらいました。



 分かりやすく言うと花火の全国大会で、北は秋田県から南は鹿児島県まで30の花火師が集まり、それぞれ持ち寄った花火を審査してもらい、その点数を競い合うといったものです。



 競技種目の内容ですが、

   5号玉の部(九州or九州以外の全業者が参加、5発連続打ち上げ)

   10号玉の部(九州以外の22業者が参加、1発のみの打ち上げ)

   スターマインの部(九州の8業者が参加)


   の3つからなります。


 競技の手順は、1業者ずつ5号玉を打ち上げた後、10号玉orスターマインを打ち上げ、これを全30業者が順番に行うといったものです。




 競技が始まる前に、前年度優勝した花火師による花火が打ち上げられ、これが標準玉となり、採点の基準(目安)となります。



 また、競技種目以外にも、花火の種類を説明するレクチャー花火、協賛団体による余興花火、15号玉(全3発)の打ち上げ、音楽と連携したミュージック花火、第20回を記念しての全長400mのナイアガラなどなど、全国大会に相応しい多彩な構成となっています。




 花火マニアのトモダチ曰く、九州の業者は花火の大きさや音など派手さが命!だけど、東北の業者は多彩な色使いで花火も真丸に開いてとにかくキレイ!感動する!!との事。


 地元の花火大会では、だいたい九州の業者の花火を使用しているようなので、私もとにかくその多彩な色使いで真丸に開く花火を早く見たくてたまりません!!






 事前の情報では、会場周辺の円滑な交通整理を行うため14時以降に交通規制が始まるというので、山口を9時に出発し、一路高速道路を南下します。

 会場は、八代市内を流れる球磨川の河川敷となり、駐車場も大小様々なモノが複数用意されていますが、狙うは同河川敷に設けられた1400台を収容できる駐車場です!





 益城熊本空港ICで高速を降りた後、天下一品ラーメンで一旦、昼食を済ませた後、国道3号を南下して会場を目指し、時間にして13時30分頃、ようやく会場周辺へとやってきました。



画像




 写真左に見えるのが川の中州で、ここから花火を打ち上げます。

 花火の見物は、川の両岸からできますが、メインとなる会場は写真右の岸側で、露店や仮説トイレなどが並んでいます。



画像




 メイン会場周辺です。もう既にライバル達によって場所取りが行われております(笑)。

 あぁ、我々も急がねば!!

 ちなみに、3台のクレーンによって吊るされている線がこの度の目玉の一つである全長400mのナイアガラです。





 肝心の駐車場ですが、この度は第20回記念という事もあり、例年より早く駐車場が満車になるとの予想でしたが、狙っていた1400台収容できる駐車場へなんとかスベリ込みで入る事ができましたっ!!我々の後に100台くらいしか入れなかったので、ホントギリギリでした
 

 
 駐車場入り口から実際に車を止める位置までは、長い道のりを延々と走っていくのですが、広い道にも限らず、キチンと一筋の隊列を成して進むあたり、あぁ日本人はマジメだなぁ~と思ってしまいます。
 くみちょさんのブログ記事にあったフィリピンあたりだと、雪崩のごとく皆が殺気立って我先へと奥の駐車場を目指すのが何となく想像されてしまいます(笑)。


 で、その駐車場ですが、普段は草が覆い茂っているらしく、よく見ると花火大会開催に合わせて部分的に草刈をした形跡が…。


 トモダチ曰く、もしサファリだったらあの草の中に止めればいいじゃん!との事ですが、そう言われてフト、どこかのくみちょさんの事を思い出してしまいました(笑)。

  ( ̄~ ̄;)ゞ

 う~む、サファリストのイメージなんて、大体ドコでも一緒のようです(爆)。





 無事に駐車を済ませ、見学場所も確保し、ボケーとする事4時間半あまり(笑)、いよいよ花火大会の開幕です!!

 

 この度の花火大会にアタリ、一眼レフ+一本足を持って行くかどうかを悩んだ挙句、人気の多いところではジャマになるかな??と思い、コンデジを持っていったのですが、結果的には会場が河川敷という事もあり、人出は多いものの見物者が川の両岸へ分散され、思ったより混雑していなかったので、少々後悔する事に…。

 ( ̄д ̄;)うぅ…



 
 結局、コンデジでは単発花火はイマイチだったので、かわりに動画を撮ってみました♪

 関東の方ではめずらしくないとは思いますが、こんなに真丸に開く花火は人生初でした!!


 縦撮りをしたんですが、その動画をどうやったら縦向きにできるのか分からなかったので、横向きのままの動画でスミマセン。



                       どこかの業者さん(笑)の10号球


 打ち上げられる花火は競技大会という事もあり、各業者さんが打ち上げる前にアナウンスにより業者の紹介、打ち上げる花火の名前・説明が丁寧になされます。


 急ぎ足でバババーンッ!と打ち上げるのも派手でイイんですが、こういった全国大会レベルのキレイな花火を一つ一つじっくり見られるというもの実にイイもんだなぁ~と感じました。


 

 続いて、どこかの業者さん(笑)のスターマインです。



画像












 
 また、競技の部以外に楽しみにしていたのが、競技の部の合間に打ち上げられるミュージック花火です!!




 ミュージック花火自体はそれ程めずらしいモノではありませんが、事前の情報で約5分間これでもかというくらい花火を打ち上げます。このミュージック花火1曲だけでも見る価値あり。とあったので、非常に気になっていたんですが…





 コレ、人生で一番感動した花火でした!!


 ヽ(≧∀≦)ノ ワーイ♪


 確かにコレを見るだけのために遠く熊本まで足を運ぶ価値があります!!





 打ち上げられる花火がキレイなのはもちろん、自分の視野全部が花火状態にっ!!
 なんてゆーか、心の底から自然とおおーっ!!と言葉が出てきます!!



画像



 写真では分かりませんが、上の花火はフラッシュの連続でした!



画像



 ん、なんかコレ花火大会とゆーよりまるでドコかの戦場ですな…

 どーも向かって右の人が銃を抱えた日本兵に見えてしまいます(笑)。



画像




 んで、感動のフィナーレ! 自分の視野全てが花火に…って、もはやスゴ過ぎて何がナンダかワカリマセン(爆)。





 

 う~ん、あんまり興奮しすぎるとアンタは今までスバラシイ花火を見た事がないのかね??と同情されそうなのでこの辺までに…(笑)。

 ( ̄~ ̄*)ゞ





 ちなみに、ミュージック花火を挟んだ後、行われた競技の部では、こんなかわいい花火もありました。



画像



                         かわいいヒヨコちゃんです♪


 って、コレも微妙な角度だな…。え~、この度の写真のダメ出しはソフトにお願いいたします(爆)。






 
 そんなこんなですべての競技が終了した後、忘れてはならないのが第20回記念の全長400mのナイアガラ!!


 ナイアガラというと、素手で遊べる最大50cm級!(笑)のモノは試した事あるんですが、全長400mのモノは試した事がありません!←アタリマエ(爆)。


 一体どんなシロモノなんだっ!?と、ワクワクしながら待っていると、いよいよ点火がはじまりました!


 ナイアガラは計3台のクレーンで吊るしてあるのは先に紹介したとおりですが、ナイアガラのお約束どおり、真ん中のクレーン部分から点火です。この辺は50cm級とワリと大差ないですね(笑)。








 で、文字だけでは到底伝わらないので写真を撮ったのですが…















 


 
画像




 なんじゃこりゃ~!!

 ∑( ̄д ̄;ノ)ノ




 なんてゆーか、風の谷のナウシカにこんなシーンがあったような…(爆)。

 
 ランラン、ランララランランラン…
 


 って、かなり神秘的ですコレ


 全長400mのナイアガラがこんな風になるなんて…、50cm級とはもはや比べモノになりません。←シツコイ(笑)。



 そして、この金色の絨毯…ナイアガラをバックに盛大に花火が打ち上げられ、フィナーレを迎えます!!




 

 正直、今まで花火で感動するって事はなかったんですが(好きな女の子ちゃんと一緒に花火を見てワーイって感動した事はありますが笑)、この度の花火大会で心底花火の持つ美しさ、一瞬の儚さ、そしてまさにその一瞬にかけた花火師の情熱なんてゆーものを感じて、是非、また来ようと思いました!


 この度のような花火の競技大会は全国各地であるようなので、いずれ他の地域の競技大会へ行けたらイイな~♪

 ( ̄~ ̄)v







 って、今回もサファリネタではございませんでした…。















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くみちょ
2007年10月24日 08:56
草むらだろうと泥沼だろうとクルマを駐車してしまう者です(笑)。
帰ろうとしたら自重でスタックしてて、家族の非難の中ウインチングしたこともあります(爆)。
花火、スゴイです!特にこのナイアガラの写真には感動です。
何だか花火の熱気さえも伝わってきそうですね。
関東にも土浦でこのようなコンテスト形式の花火大会が行われます。もう初っ端からフィナーレのようなイキオイで打ち上がりますので、見ている方も相当疲れますけど(笑)。
b.kさんが一枚噛んでるようです(爆)。

2007年10月25日 01:09
くみちょさんへ
あ、ウワサの某くみちょさんですね(笑)。
スタックにウインチングに…と予想を上回る偉業を成し遂げられていたんですね。毎度の事ながら恐れ入ります(笑)。

実際、ナイアガラは圧巻でした!
クドイようですが50cm級のナイアガラのイメージしかなかったので、どうせ大した事ないだろと高をくくっていましたが、あの巨大な光のウォールが出現するともうスゴイ迫力で…!!
当日は風が強かったので、花火の煙が良い感じに表現されたのがラッキーでした。
はて?B.Kさんって、てっきり釣り師と思っていましたがどこかの工作員なんですか!?
B.K
2007年10月25日 18:59
こんにちは、「工作員」のB.Kです(笑)。
ナイアガラの画像は綺麗ですね~!
プロが撮ったみたい。

そうなんです、土浦の花火競技会には一枚噛んでます(笑)。
【桟敷席】と呼ばれる観覧席の資材(建築用足場材)を当社でリースしているんです。個人のお客様にも対応致しますので、お仲間で打ち上げ花火をされるなら御用命下さ~い。

2007年10月26日 02:48
B.Kさんへ
あ、ウワサをすれば工作員の…ようこそお越しくださいました(笑)。
なるほど、そういった関係のご職業でしたか。
たぶん殆どの方は「B.Kさん=釣り師」と思われてるんじゃないかと…アレ、私だけ!?(爆)
とゆーワケで【桟敷席】をご用命の方は、B.Kさんまでどしどしご連絡お願いします!!
2007年10月28日 05:23
花火の競技会、見てみたいなぁ、と思いつつ、なかなか出掛ける暇が作れずにおります。(泣)
2007年10月28日 23:08
スゴイ綺麗ですね!記事のデザインといい撮影技術といい素晴らしスギです。感動しました。
2007年10月29日 00:47
nakajinさんへ
出かける先はあれど、やるべき事の優先順位や一緒に行動する相手の都合(意向?)を考えると…
時間を作るって結構大変なんですよね(笑)。
遊more!秦野!へのお出かけネタ、楽しみにしていますよ~♪
2007年10月29日 01:02
pielleさんへ
お褒めいただき光栄です。
サファリネタの原稿はあれど、読み物としてまとめる集中力が最近不足してまして(笑)…ぼちぼちサファリネタのUPをしなければ!と焦っています。
写真に関しては、雰囲気重視で撮影技術自体は超未熟です。pielleさんのような車の迫力をうまく伝えられる写真が撮れたら…と常々思っています。

この記事へのトラックバック