そーいえば…

 前々回の記事でランクル200ネタを記事りましたが、ネットで悪路走破性を披露する動画を見つけました!



                            ランクル200動画はこちら
 動画の場所
  ページ中段の【トヨタ ランドクルーザー 試乗ムービー】下の(ウィンドウズメディア)または(クイックタイム)をクリック






 ランクル200は、80に勝るオフロード性能だそうです。



 

 でもドライビングプレジャー(四駆でもこういう表現でいいのか??)はなさそうです…。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くみちょ
2007年10月17日 08:17
う~む、何をもってしてハチマル以上だと言うのでしょうかねえ??
ハチマル前後デフロックの脅威の走破性を、トヨタは忘れてしまったのでしょうか?ブレーキを使ったデフ殺しデバイスは発想はいいと思うのですが、ホンチャンではあまり役に立ちません。
空転している車輪を止めて逆側に駆動力を伝える、と言っても、逆側も空転するような場面ではキャンセルされちゃうようですよ。片側を溝に落とした時なんて、谷側は空転するし山側は荷重が乗らずに空転するしで、結局前進も後進も出来ないそうです。ちゃんとホイルベースの位置で前後が捩れる(計算されたような)きれーなモーグル以外では出番が無さそう、、、(汗)
動画のようなこんなに路面状況の良いオフロード(と言えないけど、、)なんてホントにナカナカお目にかかれませんし、ラインさえ選べば何のデバイスもないフロント独立のクルマでも十分に通れると思います。

2007年10月17日 23:57
くみちょさんへ
路面状況の良いオフロードですか!?(爆)
さすがくみちょさん!恐れ入ります!(^^ゞ
以前おっしゃられていたオツマミ系の盲点とはその事ですね!?
確かにいくら優れた電子制御といえども、タイヤがグリップしなければ宝の持ち腐れになっちゃいますね。
なぜ四駆が高い走破性を誇るのか?を考えると、それはやはり四輪で地面を蹴るからですし、結局のところ優れた接地性をもったサスがあって初めて電子制御がお手伝いできる…という事ですね。
B.K
2007年10月18日 17:33
「クロール・コントロール」って立体駐車場を下る時に使う装置です。
・・・きっとね。
2007年10月18日 23:55
B.Kさんへ
そりゃ渋滞する事間違いなしですね(笑)。
でもこういった装備ってついつい試してみたくなりますよね!!
自分の場合、急な坂道とか探してしまいそうです(爆)。
Granite Blue
2007年10月20日 22:18
ご無沙汰しております、「私もグラナイトブルーの現行Y61乗りです。」改め、「Granite Blue」です。
ディーパーチャアングル20°しかないんですよね、LC200って。カタログには、誇らしげに書いてありますけど。(このスペックはX-Trailもですね)
クロールコントロールってバンパーが接触しようが構わず前進を続けるんでしょうね~、コワ・・・。確かに走破性は高いかもしれません。
しかし、ヒルディセントコントロールの類は結構実用性が高いと実は感じています。TB48搭載車ってファイナルが3.545しかないので、エンジンブレーキの利きが弱く、雪道のちょっと勾配のきつい下り坂は少々コワイです。
実際、オフを走っていても4L 1速も速いので、ここはパスファインダーなどの2.6以上の減速比を持つトランスファか、前述のヒルディセントコントロールが羨ましくなります。
2007年10月21日 11:25
電気仕掛けでトコトコと前に進めるようにする技術は、だいぶ進んでいるようですね。果たして、この進化の方向性は正しいのだろうか?と心配になります。進化する方向を間違えると、待っているのは絶滅ですから。
 
2007年10月21日 23:08
Granite Blueさんへ
お久しぶりです!!
ランクル200のデパーチャーアングル20°ですか!?
ランクル100の同24°より厳しくなっていますね。確かにバンパー擦っちゃうかもです。
ヒルディセントコントロールの件ですが、雪道の急な下り坂はビビッちゃいますね!
実際、自宅周辺に急な下り坂があるので積雪の際は不安でしたがスタッドレス+4H+フットブレーキで難なく下る事ができました。
でも、クロカンコースみたいなデコボコ+急な下り坂は恐そうですね…。
サファリの4Lってギヤ比高めですけど、車速の必要な砂漠なんかだとコレぐらいがちょうどいいんですかねぇ??
物事にはそれなりの理由があると思うんですが、サファリってその辺の理由が充分に説明されていないので、不思議の多い車です。
2007年10月21日 23:42
nakajinさんへ
プリウスの自動駐車機能もそうですが、こういう装備を見るとトヨタって「運転する事=苦痛」って考えているのかなと。
達成感があるからモノゴト楽しいワケで…。頑張って登山して朝日を拝むから感動するワケで、エレベーターで登山して朝日見ても、まぁ朝日には感動しますが達成感としてはウ~ン…といった心境です。
各人によって運転技術は様々なので、こういったお助けデバイスは必要だと思いますが、その技術にしても「ドライバーのした操作を補助する…」というのと「ドライバーのしたい事をスイッチ一つで代わりに…」っていうのは、意味合いがちょっと違います。
技術の向上は歓迎ですが、運転してもツマラナイ車が増える→運転への興味が薄れる人が増える…という悪循環には陥らないで欲しいと願います。

この記事へのトラックバック