サファリのフォグランプ

 我がH10年式サファリのフロントバンパーには、巨大なフォグランプが装着してあります。


 CIBIE製のスーパーコンペH4です。



画像




 外径は202mmあり、商品名の“H4”が示すとおり上下切り替え式(フォグ/ドライビング)のH4バルブを採用しています。


 
 また、上の画像ではストーンガードを外していますが、レンズ表面をよく見ると凹状になっています。これは凹レンズが光を拡散する作用を利用して、コンパクトなボディ(奥行136mm)でより広範囲を照らすことができる効果を狙ったものです。






 中古で購入した我がサファリには、当初、前オーナーの手によりPIAA製の550(H3 85W)というスポットランプが装着してありました。


 ですが、スポットランプだけに使いどころが難しく、例え光軸をめいっぱい下へ向けても眩しさで対向車に多大な迷惑をかけてしまいます…。


 


 装備は使えないと意味がない!!がモットーの私としては、悪天候時にちゃんと使えるフォグが欲しい!!
という事で、某オークションでスーパーコンペをゲットしました。





 このスーパーコンペ。上下の切り替えは、本来、無線スイッチのボタンを押すことで可能なんですが、さすが中古品…出品者の“配線適当にぶっちぎりの刑”により、どの配線がドコにどう繋がるのかサッパリ分からない状態に…(泣)。


 CIBIEでは補修用に“リモコンスイッチキット”、“リレーキット”が販売されているのですが、それらを使うと出費が嵩むし、そもそも電気の知識ないし…(恥)ってコトで、




 よ~し、それならドライビングランプ(上段)いらねぇやっ!!って、決断に(笑)。




 要するに上下切り替え式のH4も、切り替えをせずにどちらか一方しか使わないのであればH3と配線自体は変わらない…という単純な発想ですね(爆)。



 元々欲しかったのはフォグランプ(下段)だけだったですし、走行中にスイッチをポチポチ押して上下を切り替えるなんてそんな器用なコトはできませ~ん。( ̄3 ̄)~♪




 じゃあ何でH4タイプのコレを買ったのかって?




 それは単純に外径のデカイフォグランプが欲しかったからです!!(爆)v( ̄~ ̄*)





 ちなみに点灯するとこんな感じになります。



画像




 バルブはもちろんイエローバルブ!!



 
 運転席からその効果を確認するとこんな感じになります。




        ヘッドランプのみ


画像





        ヘッドランプ + フォグ(黄)


画像





 見事に黄色い光が路肩の様子を照らしてくれています。(三脚を使用していないので若干ブレてます…。)





 画像はないのですが、雪道でも路肩に積もった雪の形状をハッキリと照らしてくれるので、安心感が違います。ただ、降雪中は、降ってくる雪を照らしてしまうため、案外ヘッドランプのみの方が運転しやすいです(笑)。



 また、先日、有視界距離が30m(?)くらいの濃霧に出くわしたのですが、ここでも威力を発揮しました。さすがフォグランプがフォグランプたるゆえんです!!







 悪路でも安心して走られるフォグランプ。悪路を得意とするサファリにはピッタリな装備だなと思いました。







 
 

この記事へのコメント

くみちょ
2007年02月07日 11:19
実はワタクシ、あまりフォグランプにイイ思い出がないんです。
割ってしまったり、もげてしまったり、そのもげたランプを自分で踏んでしまったり、、、と悲しい事件の方が多いので(笑)現在我がサファリは未装着です。
確かに暗い夜道ではヘッドランプのみだと、もっと路肩を照らして欲しいと思う事もありますし、霧が出た時はどうしようかと思います。
なのでいずれグリルの予備が入手出来たら、フォグの埋め込みをやってみたいと思ってます。ネルチャン様ぐらいのサイズが無いとオフでは着けた意味がないですし、出っ張らせるとまた悲劇ですし、自分の”メーカー想定外使用法”では選択肢が埋め込みしかありません(爆)。
2007年02月08日 03:33
くみちょさんへ
>そのもげたランプを自分で踏んでしまったり、、、
あぁ、ココが一番悲しすぎます。(TдT)
くみちょさんの武勇伝はホントいつも“メーカー想定外使用法”ばかりですね(笑)。
埋め込みフォグですか~。う~ん、これまた夢が広がるなぁ~♪
私もグラナイトブルーの現行型Y61乗りです。
2007年02月09日 23:30
お久しぶりです。
私は以前、最近復活しましたが、CIBIE Super OSCAR(H1 110W)を使っていました。
レンズカットは右側をスポット、左側をフォグで使っていました(違反!)が、取付け位置がラジエターグリル前だと高すぎて、霧では効果が薄いんですよね。ただ、山間部を夜間走行するときはすごく心強かった記憶があります!
結局、それ以外では現行準純正FOGのような、低めの位置がベストだと思います。
X-TRAILのオプションに3眼レンズ式HIDタイプや同ハロゲンフォグがあります。モジュラータイプなので、サファリにもつきそうですね。
ちなみに、欧州仕様のオプションにはY61初期型であったような、ランプステーが健在です。
2007年02月10日 14:23
私もグラナイトブルーの現行型Y61乗りです。さんへ
お久しぶりです。
取り付け位置によってそのような違いがあるんですね~。
それにしても海外仕様のオプションって、国内仕様にないものが豊富でウラヤマシイです。
2007年02月11日 13:31
私も目が悪くなってからは特に夜間走行時のライトの暗さが気になります。
晴天時はいいとして雨天は困ったものです。
スポットはいらないのですが、ドライビングorフォグは欲しいですね。
鉄バンパーなら構わず穴を開けて補強入れて固定してしまうのですが…。
2007年02月11日 18:21
サファリンさんへ
雨天の夜間はホント見えづらいですよね…。
サファリンさんのアイデアどおり鉄バンパーにフォグを埋め込み出来れば、くみちょさんの「出っ張らせない論」&私もグラナイトブルーの現行型Y61乗りです。さんの「バンパー位置が最適論」を網羅できそうね~♪
もっとも、くみちょさん辺りだと鉄バンパーごともげてしまいそうな走行をやっちゃいそうですが…(笑)。
サファリンさんが前車でクロカンされている時は、フォグを装備されていましたか?
2007年02月11日 22:10
はい、前車はビッグホーンのハンドリングbyロータスというグレードでしたから純正のランプステー&純正フォグ(シビエ)が付いていました。
その前のLC70はメカニカルウインチ内蔵の延長鉄バンパーでしたから、穴あけ直付けしてましたし、極悪超ヒンシュク高輝度ドライビングランプ(IPF製)にて武装状態でした(爆)
2007年02月11日 23:46
サファリンさんへ
おぉ、バリバリフォグ活用派ですね!!
職場にビッグホーンの大ファンの人がいるのですが、ハンドリングbyロータスはカーブでもロールせずにキビキビ走る!と大絶賛でした。
LC70の様な鉄バンパーだとフォグ付けやすいし、何といってもDIY魂に火がつきそうですね(笑)。
そうですか~LC70の頃はやんちゃだったんですね~(笑)。
釣魚山菜
2009年05月31日 09:22
初めまして、北海道に在住の者です。 この度Y60VRGYからY61VRGYフィールドベースに乗り換えました。 付いていたフォグランプ(シビエスーパーコンペ)の交換をしようと思ってバンパー付近の状況を確認したのですが、バンパーに付いているカバーの外し方が良く分かりません。 ご教示願えればありがたいのですが。
2009年05月31日 19:16
釣魚山菜さんへ
はじめまして、当ブログへ訪問していただきありがとうございます。
キャンパー仕様であるヒィールドベースですかぁ~、遊び心が刺激されてうらやましいです♪
ご質問の件ですが、黒カバーの撤去…私も実施した事がありませんので、ハッキリとした回答ができません…すみません。
この黒カバーはディーラーOP品のため整備要領書にも記載がないのです。
ですので、現在は補修部品として手に入れる事もできない貴重品とも言えます。
黒カバーは装着したままで、フォグランプ本体のみの交換でしたら、黒カバーを撤去する事なく容易に行えるのですが…。
黒カバーの撤去、分からないなりに考察はしてみましたので、後ほど記事をUPいたします。

この記事へのトラックバック